中田延亮先生のお言葉 後編

ブログ 2021年4月1日

2021年3月13日に学習院大学富士見ホールにて、管弦楽団第60回定期演奏会に向けての全奏を行いました。

先生をお呼びしての全奏は初めてで、部員一同楽しく、とても有意義な時間を過ごすことができました。
先の見えない状況下で、私たちが今できること、また気の持ち方について、素敵なお話を聞かせてくださいました。

中田延亮先生のお言葉をご紹介します。

前編はこちら


あともう一個。すごい実際的な話なんですけど、楽譜って見やすいと良いと思います。富士見ホールのような照明だと、人によってははものすごく見づらいし、うちで練習している時と、オーケストラで座ってちゃんと楽器を構えている時とでは距離感が案外違うじゃないですか。芸劇に行ったらまたちょっと見やすさ変わったりするんですよ。で、見やすくなるっていう時ももちろんありますけど、不幸なことに座った席によって見にくくなることだってある。だから、譜面が見にくいってことで自分の恐怖を増やす必要は全然ないじゃないですか。例えばあそこのコントラバスの人たちは全然違うサイズの譜面を使っているけど、あれができるっていうことは物理的に工夫するとできるんだよね、多分。だから、手間はちょっとかかるし、時間もかかっちゃうんだけど、あともう少し大きくする譜面を持っておく。たしかに持ち運びめんどくさいんだけど、練習の場で困ったり、本番でちょっと「あ、見えない」って変な音を出しちゃった、みたいな感じの悔しい思いにつながらないように、上手くいいサイズっていうのを探してみてください。

世界の中でもこうやって学生のオーケストラが活動できてるってことはすごく稀なことだから、コロナ禍でやれてる幸運を僕らが最大限に味わうためには、あとひと手間あってもいい。あってもいい、別にやらなきゃいけないってわけじゃもちろんないけど、みんな眼がいいから僕よりも。老眼が始まってない皆さんなら見えると思うんだけど(笑)、それでも見やすい譜面を。
これが二つ目。

オーケストラをやっていて、1人1人は個人的に練習してた時間はあったと思うんです。ただ、合奏するといろんな不具合が出てくる。これオーケストラの難しいところですよね。今これからもこうやって集って練習できることってすごく貴重で、なかなかそんなにできないとなったときに、まず自分が練習するっていう個人練習のほかに、スコアを眺めて自分のパート以外の楽器の音をなるべく数多く耳に入れるように勉強してみてください。これはもう楽器を脇に置いて、なんだったらCDを聞きながらでも全然いいし、ピアノでその楽譜を弾ける人はそれでいい。なんでもいい、どんな手段でもいいから、自分のパートと違うパートを、皆さんが演奏している曲を、できるだけ多く知っておく。感じるようにしておく。演奏しながら、少しでも多くの楽器が自分の耳に入る状況っていうのを作ってみてください。本当だったらオーケストラの中で練習しながら、音に囲まれながらやれることなんだけど、そういう機会が少ないんだとしたら、僕らはそうやってそれを補った方が良いと思う。そうすることによって、ただただ一人で闇雲に「トットットットットン、トットットットットン、トトンットトン、トトンットトーン、トンットトン」とかってやるだけじゃなくて、この曲にもう少し深く入れると思うので。

今回やるこの楽譜って僕初めて使う楽譜なんですけど、すごく良い、すごく良い楽譜だと思います。これはオーケストラに提案されたんですけどすごく良い楽譜なので、僕これから一生これを使っていこうと思うっていうぐらい気に入っています。皆さんもできればスコアを眺めて「あ、ここんとこおれの音より、こいつでかい音で吹かなきゃいけない」とかそういう細かい事でもいいし、細かい事が楽しい。色々探して見つけてください。

「頭からいきましょう!」


前編はこちら。

タグ

学習院輔仁会音楽部

Gakushuin Music Society, since 1922

正常に登録されました。
続いて、全ての記事にアクセスするためにお支払いを完了してください。
サインインに成功しました。
アカウントが有効化され、全てのコンテンツにアクセスできるようになりました。